PDCAサイクルのプランについて

角丸

プロジェクトの実行や人間の行動

PDCAサイクルは企業のプロジェクトや人間の行動特性について分析することや流れを把握する際に用いられる考え方の一つです。プランはPに属し、考え方の中で一番最初に訪れる行動となっています。 プランは企業のプロジェクトが成功するために考えること、人間が何かの理想像を思い描く行為が当てはまります。そしてPDCAサイクルのDに移り、プロジェクトの実行や人間の行動に移り、やがて行動を振り返る行為であるCに入り、最後に一連の行動を修正するAに入り、またPに戻っていきます。

プランはPDCAサイクルの中で最初に行う行動であることから、PDCAサイクルの中で最も大切

プランはPDCAサイクルの中で最初に行う行動であることから、PDCAサイクルの中で最も大切とされています。また、一連の流れを終えた後にまた最初に行う行為であることから、繰り返していくうちに精度や規模、正確性が増していきます。 会社で何かを立ち上げる際の最初の行為、人間が何かを成し遂げたいと思った時にまずやらなければならないのがプランです。社会に何かを投げかけたいものがある人、学生生活の中で何かを成し遂げたい学生、会社の中で出世していきたい人はまずは成功像を思い描いてみることです。そして、成功するためのプランを練ることが挙げられます。 考えるだけなら基本的に誰でも行える行為ですので、日常生活の中で疑問に思っていることを本気出して考えることや、会社内での理想像を描いてみるなどの行為をしてみましょう。 一度プランを考えてみただけで、今後の生活や会社での過ごし方、学生生活がより良いものに変わるかもしれません。

第一章 成功者におけるPDCAサイクル
第二章 PDCAサイクルのプランについて
第三章 PDCAサイクルのドゥを重視します
第四章 PDCAサイクルによるチェックがとても効果があります
第五章 PDCAサイクルのアクションについて
角丸