PDCAサイクルによるチェックがとても効果があります

角丸

工業系やマーケット分野で利用されている手法

PDCAサイクルは主に工業系やマーケット分野で利用されている手法です。幅広い分野で利用でき、効果が高いことからとても重宝されています。PDCAサイクルによるチェックは主に4段階で行われます。PDCAサイクルの1つめはP、プランです。プランは目標を決めて詳細な行動計画に落とし込みます。サイトの場合は目標となる顧客や検索エンジンでの表示順位などです。Dは行動です。行動は計画にそって人員や時間を配置し、実際に動かします。成果物ができるのもこの時点です。

PDCAサイクルにおいてチェックはとても重要

サイトの場合は作成から公開までがあたります。Cはチェックです。PDCAサイクルにおいてチェックはとても重要です。計画通り動いているか、成果物は予想通りの収益を上げたかなど厳しくチェックされます。サイトの場合は視聴数や検索エンジンでの表示順番などが審査されます。Aは修正です。Actionと呼ばれ、チェックした項目について改善を行います。改善によって修正された場合でも得られた反省を元にPに戻り、製品を良くしていきます。無限ループに入ることもありますが、目標の立て方や期限などを設けることでサイクルの無駄な回転を止めることが可能です。 縦長ランディングページ制作やサイトについてはデザイン面や裏方のプログラムなど一緒にPDCAサイクルを回すか、個別に対応するかは案件ごとに個別に対応となります。PDCAサイクルはどんどん改良ができ、得られる成果も期待できることから多くの現場で採用されています。

第一章 成功者におけるPDCAサイクル
第二章 PDCAサイクルのプランについて
第三章 PDCAサイクルのドゥを重視します
第四章 PDCAサイクルによるチェックがとても効果があります
第五章 PDCAサイクルのアクションについて
角丸