PDCAサイクルのアクションについて

角丸

産業活動の中における生産管理や品質管理について行われる業務管理をオートメーション的に行う為の手法

PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)とは、産業活動の中における生産管理や品質管理について行われる業務管理をオートメーション的に行う為の手法です。PDCAのPはプラン(plan)の略で事業の為の計画を立てるを意味しています。Dは、ドゥ(Do)の略でありPで立てた計画の通りに実施する事を意味します。Cはチェック(check)の略でありDで行った実行により果たして事業がPの計画通り効果を上げているかをチェックする事を意味します。Aは処置や改善(action、アクション)の略でありCで得られた結果より改善するべき変更を行う事を意味します。

創造力と伴に行動力が必要

実際にはこれらに引き続いて、Aにより改善された手法を用いて次のPを行いという具合にPDCAを繰り返し行うというPDCAサイクルを実行する事により、自動的に事業内容が改善されてくるという事が趣旨の手法です。このPDCAサイクルの中においてAすなわちアクションは、実際に事業を行う手法の改善という意味で大変重要です。例えPDCAサイクルのC(チェック)において問題点が指摘されたとしてもそれだけでは問題の解決にはなりません。よくある話ですが現状が理想的ない事の指摘は容易に出来ますが、ではその現状を変える為にはどうしたらいいかというのは別の観点からの考察や知識が必要になってきます。ある意味でデバイズやインベンションを行う必要があり、創造力と伴に行動力が必要になります。

第一章 成功者におけるPDCAサイクル
第二章 PDCAサイクルのプランについて
第三章 PDCAサイクルのドゥを重視します
第四章 PDCAサイクルによるチェックがとても効果があります
第五章 PDCAサイクルのアクションについて
角丸