PDCAサイクルのドゥを重視します

角丸

ここをうまくこなせるかでサイクルがうまく回せるかが決まります

PDCAサイクルのドゥはサイクル的に2つめの項目ですが、ここをうまくこなせるかでサイクルがうまく回せるかが決まります。PDCAサイクルではP計画、D実行、C審査、A行動が求められます。計画では目標となる成果物を作るための計画で、実際に動かせるまで詳細に決めていきます。計画はかかる時間まで予想して立てることが重要であると言われ、計画を見れば誰が何をするのかが分かると言われています。Dは実行です。

サイト構築では全体デザイン、構成、部品作成、HTML組など多岐に分野が別れます

PDCAサイクルのドゥです。実行は計画にそって行われ、ここで人事的なことも動かします。サイト構築では全体デザイン、構成、部品作成、HTML組など多岐に分野が別れます。実行ではこれら人事も行い、実際に作業が行われます。成果物もここででます。PDCAサイクルでは実行が従事されることも成果物ができるからと言われています。Cのチェックでは成果物を審査します。検索エンジンの表示順位が目標だった場合などは順位が成果物です。審査の結果、改善点が出され、次のサイクルに移ります。Aでは審査を元に反省と改善が行われます。成果物については修正が行われ、修正点以外の反省点はまとめられてPに送られます。Pでは改善点を踏まえた上で再計画が行われることになり、目標を含めて再度検討が行われ、計画がやり直されます。PDCAサイクルは製品の品質向上が主目的ですが、実際の行動をスムーズにするための指針としても有効に働くとしてさまざまな分野で利用されています。

第一章 成功者におけるPDCAサイクル
第二章 PDCAサイクルのプランについて
第三章 PDCAサイクルのドゥを重視します
第四章 PDCAサイクルによるチェックがとても効果があります
第五章 PDCAサイクルのアクションについて
角丸